New : ブログを公開しました

中国への態度に現れる韓国とベトナムの決定的な違い西沙諸島問題で中国に対して一歩も引かないベトナム2019.8.9(金)川島博之(写真1)「清」が作成した清の地図、西沙諸島や南沙諸島は含まれていない(川島博之:ベトナム・ビングループ、MartialResearch&Management主席経済顧問)陸続きの隣国が大国であった場合、周辺の国々はどのような行動を取るのであろうか

カオス速報

1:2019/08/09(金) 17:04:52.31ID:FkcjQM1+9 中国への態度に現れる韓国とベトナムの決定的な違い
西沙諸島問題で中国に対して一歩も引かないベトナム 2019.8.9(金) 川島 博之
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57232

(写真1)「清」が作成した清の地図、西沙諸島や南沙諸島は含まれていない
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/e/b/600m/img_eb44cd68de5d743bad54822053b8325f951898.jpg

(川島 博之:ベトナム・ビングループ、Martial Research & Management 主席経済顧問)

 陸続きの隣国が大国であった場合、周辺の国々はどのような行動を取るのであろうか。

 もしもその大国が、気は優しくて力持ち、災害などで困った時に助けてくれるなら、大好きになるだろう。だが、常に自己の文明を誇り、周囲の人々を「東夷、西戎、南蛮、北狄」などと呼んでバカにし、さらには国富の一部を上納せよなどと言ってくるようだと、対応に苦慮する。

●隣接する大国への2つの対応法

 隣接する大国に対する対応は2通り考えられる。

(A)大きな国にはとても敵わないから、最初から恭順の意を示す。下手に出てお追従を言い続ける。ご機嫌を取って、少しでも上納金をまけてもらう。

(B)敵わないと分かっていても、徹底的に抵抗する。いくら大国でも弱点はある。自分の領土に引き込めば、勝たないまでも引き分けぐらいには持ち込める。粘り強くゲリラ戦を行う。そして、戦いやすい場所に敵を誘導して全力で叩く。局地戦に勝利したら無理はしない。勢いに乗って相手国に攻め込もうなどとは考えない。勝った直後に相手のメンツを立てながら講和に応じる。ただ、戦に勝ったのだから上納金は支払わない。

 この2つのやり方の損得は、(A)人的な損害はないが、上納金を払い続けなければならないから経済的な負担は重くなる。(B)上納金は払わないで済むが、強大な相手と戦うので多くの戦死者を出すことになる。

●降伏せずに戦い続けるベトナム人

(略)

●「西沙諸島はベトナムのもの」

(略)

(写真2)フランスが西沙諸島に設置した石碑のレプリカ
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/a/2/350/img_a2f3e8f869d8177ca5cf45775a057a76822143.jpg

(略)

(写真3)西沙諸島博物館の入り口
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/4/f/600m/img_4fd9c0367767ac261661352910fa832e1667165.jpg

(略)

(写真4)中国の探査船に衝突された漁船(屋外に設置されている)
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/5/9/600m/img_59fa75e5ed2300e564a5ad739b4d91bc2069986.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=OU0-RTjHRh0

●日本が仲間とすべき相手は?

(略)

 このように考えれば、日本が仲間とすべき相手は、自ずと見えてこよう。21世紀に入って経済成長著しいベトナムは、日本が中国に対抗する上で、経済的にも軍事的にも最良のパートナーになり得る。

1 2019/08/12(月) 05:03:58.49ID:RU2ZzX/J9.

◇○中京学院大中京4―3北照●=11日・甲子園(2回戦)

◇中京学院大中京・3年 赤塚健利(けんと)投手

今大会出場選手で最も長身の193センチ右腕が、マウンドに上がったのは、1点のリードを許した六回2死二、三塁、1ボールから。
四球で満塁としたが、北照の6番・楠に140キロ台の直球を7球続けて右飛に打ち取る。
自己最速を2キロ更新する148キロもマークした背番号18は「ストレートで押すことができた」と喜んだ。

体重103キロと堂々の体格から投げ下ろす直球に自信を持ち、全37球のうち変化球は唯一の持ち球スライダーの2球のみ。
エースナンバーを背負った2年前の秋の東海大会では登板しなかったが、橋本監督が「秘密兵器。ポテンシャルは一番ある」と語る逸材だ。

昨年秋から半年ほど取り組んだトルネード投法が功を奏した。左肩が開かず、腕も横振りにならなくなった。
「後ろに体重を残すことも意識した」と、制球力と球速が向上し、今夏の岐阜大会は全6試合に登板した。

中学時代はバスケットボール部やサッカー部にも勧誘され、チームメートからの愛称は「ジャンボ」だ。
1失点も勝利を呼び込み「目標にしていた甲子園での勝利にかかわれた」。大器の片りんを見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000048-mai-base
8/11(日) 19:28配信


68:2019/08/09(金) 17:27:36.27ID:2mD0KDHL0.

>>63

確かに。

73:2019/08/09(金) 17:29:37.33ID:JpzVQ1qY0.

ベトナム人を日本に入れるな
やつら犯罪ばかりしているじゃないか

304:2019/08/10(土) 21:46:32.01ID:MKHOCf/N0.

ベトナム政府「新幹線欲しいな、半導体工場欲しいな、自動車工場欲しいな」
チラッチラッ

277:2019/08/10(土) 00:41:58.60ID:XNDIyHWZ0.

誤)ベトナム
正)ヴェトナム

以後気をつけるように

273:2019/08/10(土) 00:28:54.84ID:G/KDWoex0.

>>269

韓国人はベトナム人に無茶苦茶嫌われてるぞ

305:2019/08/10(土) 21:48:47.26ID:D0khRUF+0.

あのどっちもいらないんだが……

198:2019/08/09(金) 21:41:07.83ID:gK0tO1Nt0.

【朝鮮日報】「反米」インド・ベトナムの心変わりから目を背ける韓国 [8/26]
元スレ

1947年に英国から独立したインドは、米国との関係が円満ではなかった。最初は非同盟路線を掲げ、米ソの間で「綱渡り」をした。しかし71年、仇敵(きゅうてき)パキスタンとの戦争(第3次印パ戦争)で米国がパキスタンを支援するや、反米へと向かった。

インドはソ連との協力を強化し、米国・パキスタン連合をけん制した。米国は、インドが74年に最初の核実験を行ったのに続き、98年に2回目の核実験を敢行したことを受け、強力な制裁でインドを圧迫した。
冷え込んでいた米印関係は、ソ連の崩壊と中国の台頭を経る中で急変した。米国は、中国けん制や対テロ戦争などのためにインドとの軍事協力が必要だった。62年の国境紛争で中国と戦争をしたインドは、ソ連の代わりになる味方を求めていた。

その結果、米国は2006年、インドを事実上の核保有国と認める核協定をインドにプレゼントした。その後米国は、ロシアを追い抜き、インドにとって最大の武器提供国となった。14年からはインド洋で、米・印・日が中国を念頭に置いた大規模な合同演習を行っている。
最近インドは、ヒマラヤの国境で中国と再び武力衝突しそうな兆しが表れるや、山岳戦部隊を米国に送って訓練を行った。

かつて米国と激しい戦争を行ったベトナムも、長年の怨恨は後にして対米関係改善に乗り出した。14年に米統合参謀本部(統参)議長のベトナム訪問を許したが、これは43年ぶりのことだった。
当時、マーチン・デンプシー統参議長はホーチミン市で「ベトナムに対する武器禁輸措置を解除したい」と約束した。ベトナムと米国は最近、米空母のベトナム寄港にも42年ぶりに合意した。

「怨讐(えんしゅう)」だった米越の蜜月は、南シナ海における中国の軍事的台頭がもたらしたものだ。
インドは1962年に、ベトナムは79年に、それぞれ中国と戦争した。中国と国境を接している両国は、中国が領土や安全保障の問題をどのように解釈し、どれほど攻撃的に出てくるかを、血の代価を払って学んだ。

 ■韓国も6・25(朝鮮戦争)で中国と戦った。中国が50年に6・25へ参戦し、62年にインドと戦い、79年にベトナムを先制攻撃した理由は、どれも同じものだ。
中国の戦略的利益が深刻に侵害される前に先んじて手を打たねばならないという、独特の判断によるものだった。
防衛兵器の高高度防衛ミサイル(THAAD)をめぐって中国が「戦略的利益の侵害」うんぬんと主張しているのは、尋常なことではない。
「反米」だったインドとベトナムが、ある日突然米国を好きになり、軍事協力を強化しているわけではないだろう。両国が急速に「親米」へと向かった時期は、13年に習近平国家主席が「中華民族の復興」を掲げて就任したころとほぼ一致する。
インドとベトナムは、中国が腕っぷしを自慢するとどういう結果がもたらされるか、歴史的経験として知っている。韓国は、中国の台頭に加えて北朝鮮の核の脅威という、二重苦に直面している。

にもかかわらず、ソウルでは韓米軍事演習に反対するデモが繰り広げられ、駐韓米国大使館を包囲しようとする勢力が街中を動き回った。
北朝鮮の核が頭上にあっても、彼らは「インドとベトナムが心変わりした理由」から目を背けている

237:2019/08/09(金) 22:30:09.92ID:AQvRDPE/0.

サッカーでもベトナムはチョンの弟子になってる。
タイやカンボジアのサッカーを育ててるのが日本。

タイトルとURLをコピーしました