New : ブログを公開しました

男女比は748対860、年齢階層別構成比は10代38人・20代126人・30代166人・40代262人・50代263人・60代299人・70歳以上454人

カオス速報

1:2020/01/02(木) 10:03:01.16ID:wOPDg8BC9 ※外交に関する世論調査 2019年10月19日から10月30日にかけて、全国18歳以上の日本国籍を有する人の中から層化2段無作為抽出法によって選ばれた人に対し、調査員による個別面接聴取法によって行われたもので、有効回答数は1608人。男女比は748対860、年齢階層別構成比は10代38人・20代126人・30代166人・40代262人・50代263人・60代299人・70歳以上454人。過去の調査もほぼ同様の様式で行われている。

内閣府が定期的に調査・発表している「外交に関する世論調査」(※)では、日本の諸外国への親近感を公開している。米露中韓印に的を絞り、その長期的な推移を確認する。

今調査では対象国に対する親近感に関して回答者に「親しみを感じる」「どちらかというと親しみを感じる」「分からない」「どちらかというと親しみを感じない」「親しみを感じない」の5選択肢を提示し、その中から1つを選んでもらっている。今件ではこのうち前者2つ「親しみを感じる」「どちらかというと親しみを感じる」を合わせた値を「親近感」と位置付け、その推移を見たもの。なおインドは1991〜2007年は「南西アジア諸国(インド、パキスタンなど)」と尋ねているため、厳密には連続性は無い。

アメリカ合衆国への好感度は押し並べて高い。一方中国は全体的に右下がりで、この40年ほどの間に1/2から1/3ほどまでに減少しているのが一目瞭然。他方、ここ数年の持ち直しはトレンド転換を予見させる。

ロシアは10%強を低空飛行していた。1990年前後に一時的に盛り上がりを見せたが、すぐに急降下。2000年前後からは再び上昇しているが、これはプーチン政権の発足と対日融和政策によるところが大きい(特に当時の日本の小泉首相の仲のよさはテレビでも繰り返し伝えられており、これがポジティブに働いている)。さらに2012年以降は再び大きく上昇し20%前後を維持している。ロシアの大統領選挙が2012年3月に実施され、ウラジミール・プーチン氏が当選したこと、それに伴いプーチン氏が再び日本のメディアに登場し、好意的な印象を与えているのが継続して影響しているものと考えられる。

最近では2014年に発生したウクライナ騒乱、クリミア危機、さらにはロシアの直接・間接的軍事侵攻を受け、負のイメージが生じた結果として、同年以降は下落を示していたが、直近年では再び持ち直しの動きを見せた。

韓国やインドは基準値こそ違えども同じようなカーブを描いて上昇中だった。ただし2009年以降韓国は頭打ち、そして2011年から2012年にかけて大幅な下落を記録し、2014年もさらなる急落、2015年以降はようやく持ち直しを示したが、直近年の2019年では急落し、過去最低値を示す形となった。原因は先行記事でも触れた通り、韓国海軍レーダー照射問題や半導体素材の輸出管理の問題などで韓国側が見せている理不尽な姿勢によるものであろう。

中国は尖閣諸島と反日暴動、ガス田、小笠原諸島のサンゴ違法搾取、沖縄や尖閣諸島などの問題をはじめとする日中間の直接の対立に加え、南シナ海の人工島造成問題など、韓国は竹島、さらに双方の国とも強圧的・理不尽・理不尽な外交姿勢・対日経済施策が大きく影響しているものと考えれば、2012年以降における急落の納得はできる。ここ数年の回復は単なる「のど元過ぎれば」の類か、それともトレンド転換の動きか。

ここ数年の中韓の上昇ぶり(直近年で韓国は大きく落ちたが)は報道頻度など情報の伝達ウェイトが軽減した結果によるところが大きく、中韓それぞれに対する親近感減少の要因が解決に向けて動いているわけではないことを留意しておく必要がある。

注意すべきは「親しみを持たない」が「マイナスのイメージを持つ」には直結しないこと。単に親近感を持つ・持たないに関して判断するだけの材料が無い、認識度が薄い可能性も多分にある。ロシアをはじめとした旧共産国や日本から距離的に遠い国で親近感が薄いのは、多分になじみが薄いのも要因なのだろう。

1/2(木) 9:05
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200102-00156115/

21 2020/01/02(木) 14:37:44.14ID:qfp6JfDN0.

ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
https://i.imgur.com/q2uZulC.gif

382:2020/01/02(木) 13:14:29.57ID:tpCTNkL/0.

>>1

>>1000
【国民が止める!】日本に正義と勇気を! 習近平国賓来日絶対阻止![桜R1/12/23] 
SakuraSoTV
http://y2u.be/CEIgOf0s3Ds

【百万人署名運動】なぜ習近平を国賓で招いてはいけないのか?[R1/12/24]
SakuraSoTV
http://y2u.be/uGvwoVs_tIY

375:2020/01/02(木) 13:12:06.99ID:Gn9PkYot0.

>>355
選挙権のない罪日ちょうせんじん  長文コピペご苦労さん

【韓国】セオドア・ルーズベルト「私は日本が韓国を手に入れるのを見たい」

「私たちは米国を兄のような存在と考えています」。高宗(コジョン)が1897年に韓国公使に赴任した米国人アレンと面会しながら述べた言葉だ。
高宗はアレンを通して米国の支援を切実に訴えた。米国公使館で保護してほしいと2度も頼んだ。 2度とも拒否された。米国の考えは違った。

 「私は日本が韓国を手に入れるのを見たい」。セオドア・ルーズベルトが副大統領候補時代に友人に送った手紙の一部だ。
ルーズベルトの日本愛はさらに深まる。「東洋の発展は日本の使命だ。 日本の勝利は世界の幸福だ」。日露戦争の直前に述べた言葉だ。

ルーズベルトは白人優越主義者だ。唯一の例外が日本だった。有色人種のうち日本人だけがアングロサクリンと同じ文明人だと見なした。

 もちろん米国外交の第一の尺度は自国の利益だ。国際政治で強大国が考慮しなければならない独立変数は強大国だけだ。 @@@@@@@@@@@@@
米国は日本を後援することでロシアと中国を牽制しようとした。
日本が韓半島を植民地化することを黙認する代わりに、米国は自国の植民地(フィリピン)に対する日本の放棄覚書を受けようとした。
1905年に米日間で締結された桂・タフト協定がその結実だ。密約で韓半島の植民地化は事実上完結した。

米国のセオドア・ルーズベルト大統領1910年8月22日、 日韓併合条約調印に際しての演説
「日本による野蛮国朝鮮の解放は人類にとって幸福になるばかりか、
それはWhite burdenならぬYellow burdenを担う日本の明らかな運命・Minifest DeStinyではないのか、
ましてこれに対する一撃すら与えることのできない無能で野蛮な民族、
集まれば争い分裂することを事にしている朝鮮人、
かりに統一国家が形成できたにせよ、朝鮮がアジアにおいて何の脅威にもならない」

377:2020/01/02(木) 13:13:11.26ID:UkB4oSsC0.

インドに関しては昔のカースト制度と
近年だと数学に長けてIT技術者だらけというイメージが刷り込まれているか

473:2020/01/02(木) 14:03:28.26ID:PkN1r1RyO.

息を吐くように嘘をつく、誠実さの欠片も無い、拉致極悪北朝鮮とつるんでる、反日ヘイトの敵国、敵国の韓国とは国交断絶しろ!!!

554:2020/01/02(木) 14:59:30.58ID:2UdSkeOz0.

インドもロリコン性犯罪の国だからそりゃ親近感あるわな

251:2020/01/02(木) 11:37:24.72ID:0AtF48yZ0.

ロシアそこまで低くなくてもいいけどね北方四島しか問題ないのに
年齢別の人口構成が年寄りだらけで意味がない感じ

457:2020/01/02(木) 13:54:34.94ID:LbtU9e4k0.

よく分からないのは保守の親米感情や日米同盟死守だよ。
少なくとも靖国に祀られている皇軍兵士の多くはアメリカによって殺されているんだから。
教えてよ、ネトウヨの人・・・

386:2020/01/02(木) 13:15:09.30ID:tpCTNkL/0.

>>1

>>1000
【絶対抗議!】12 21習近平国賓来日阻止!天皇陛下の政治利用を許さない!緊急国民行動 
SakuraSoTV
http://y2u.be/Wtqm7Fj9fyQ
12月21日、渋谷駅ハチ公広場前で行われた、習近平国賓来日阻止!天皇陛下の政治利用を許さない!緊急国民行動の模様をライブディレイ版にてお送りします。

※習近平国賓招請反対電子署名はこちらから
 https://kunimorishu.jp/

165:2020/01/02(木) 10:52:13.66ID:BsbRQ5KH0.

「SNSに投稿されている完璧に見える写真」現実の姿はこれ
http://www.imageg.proxydns.com/202001-01-1785.html

タイトルとURLをコピーしました